思い出お好み焼き。

 

 

「豚お好み焼き」

 

私が高校生だった頃、公務員だった父親が、定年を数年返上してお好み焼きやをやりだしました。

確かに料理は旨いけど、もともと「親方日の丸」の出、かつ鹿児島は侍魂の父に商売など向いている筈も無く、ほんの数年で閉店。

その後何年も家でお好み焼きは作ってくれなかったけれど、やっぱりあの味が恋しくて頼んでみました。で、そのコツをしっかり伝授。

父亡き後も、大好きなお好み焼きは意のままに食す事が出来ます。