30日 8月 2020
 こんなご時世だからとばかり、近くて遠い、と思い込んでいた場所へ。...
15日 8月 2020
(この時期恒例の長文です。)  アメリカはカリフォルニア州にある、日系人強制収容所「マンザナー」にまつわる、当時2歳だった日系人の女の子のお話を軸に綴られた記事に目が留まった。...
14日 8月 2020
京都府は福知山まで。おしゃれカフェのイベントに、元教え子が移動本屋さんをやるというので行ってきました。
02日 8月 2020
 7月は20日から22日にかけて、仕事で長野県は須坂、そこから山梨は勝沼を訪れた。  長野では日本酒の蔵元へ、山梨へはワイン醸造所が目的地。アクセス的に車の方が断然良いので自宅から往復1000キロ越えの道のり。距離と内容からすればなかなかハードだけれど、遠方ロケもこのご時世にて久しく、嬉しい!と言うのが正直な気持ちだった。...
29日 6月 2020
 京都って、よく知られる洛中洛外の区切りもそうだけど、市内を右(西)と左(東)で分けて、それぞれの居住区がそのどちら側にあるかで、反対側の方をあまり訪れない事が多い。お互いの道も明るくない。分布する良店も把握してない。つまり、左京の人は右京をあまりよく知らないし、右京の人はあまりよく左京を知らない。...
03日 6月 2020
京田辺にある一休さん所縁のお寺。「報恩庵」へ。
16日 5月 2020
大切な本と、その本にまつわる大切な人や思い出を振り返ってみました。
03日 5月 2020
 私の通っていた共学の公立高校は、敗戦後までは西の学習院と呼ばれた、良家の才女が通う女学校だった。  がしかしそんな特別な学び舎も、特別な子達もどの子も全国もれなく、戦争末期には深刻な労働力不足を補う為に学徒動員として駆り出され、校舎もにわか軍需産業の製造場と化した。...
04日 4月 2020
朝イチからの仕事が昼で終わって、 京都の北の方へ買い物に上がるのに、 ふと気づいたら、 通ってた高校の正門の桜、通ってた中学の正門の桜、 子供の頃は近所だった哲学の道の桜。。。と、 わざわざ通らず済む道順を、無意識に車を走らせていた。 と、言うことでいっそ、 一番好きな岡崎の疎水沿いも寄ってみた頃には、夕暮れ西日。...
03日 4月 2020
邪気を祓い、不老長寿を与える仙木・仙果である桃。 借りてるガレージの側で、見事に咲く桃を毎年楽しみに観てたら、 大家さんが「実から芽が出たし」と言って下さったのが三年前。 時々、「元気してますか」と尋ねられて、 これは絶対枯らしちゃいかん、いつか見事に花が咲くはずとお世話。 あれから今日。初めて、たった一つだけ花が咲いた!...

さらに表示する

谷口菜穂子写真事務所
Copyright© Nahoko Taniguchi All Rights Reserved.

 


商用、私用に関わらず、サイト上の全ての写真やテキストにおける無断での転用は固くお断りいたします。

Regardless of commercial or private use, we will refuse diversion without permission in all photos and texts on the site.