金沢。主計町茶屋街。


金沢にある茶屋街のうちの一つ、主計(かずえ)町茶屋街。浅野川に面して建ち並ぶ茶屋建築が特徴のこちら「主計町茶屋街」。表の風情をまわってみると、なんとも奥深い風情のあふれた町並が続きます。
加賀藩士で大阪夏・冬の役で功をたてた富田主計が、この地に屋敷を与えられたことが、主計町の町名由来とされています。明治2年(1869年)にこの地に遊郭が認められると次第に発展を遂げました。
昭和45年には町名変更により地図上から消えてしまった「主計」の文字でしたが、多くの住民達の要請により、全国で初めて旧町名を復活されたのだそうです。
浅野川から町並を望むと平坦な所に見えますが、路地を進むと実は、立体的で高低差のある町並であることに気付かされます。通りには名物坂がふたつ。旦那衆が茶屋街に密かに通った「暗がり坂」、そして作家・五木寛之に命名された「あかり坂」があります。