長浜/盆梅展。

今年で62回を迎えるという、こちら滋賀県は長浜市で行われる「長浜盆梅展」。

明治期の日本建築「慶雲館」にて、1月半ばより3月初旬頃まで、約2ヶ月に渡って開催されるイベントです。恐らくは雪の残る辺りも、ここのところの雨でとかされてしまったのであろう、しっとりとした景色の中。まさに見頃を迎えた梅の花を愛でに、行って参りました。

会場となるのは、「長浜市慶雲館」。

明治20年、明治天皇がこちら長浜への行幸に際し、富豪・浅見石蔵氏が行在所として建築しました。初代総理大臣の伊藤博文による命名だそうです。庭園は200坪あり、平安神宮等の庭園を手がけた庭匠・七代目山川治兵衛による庭が広がります。こちらは国の名勝に指定されています。

「慶雲館」を入ってすぐ。真っ先に感じるのは梅の花の濃厚な薫り。屋内に出揃った梅ならでは。視覚よりもはやく、臭覚にて遠い春を感じる事が出来ます。

谷口菜穂子写真事務所
Copyright© Nahoko Taniguchi All Rights Reserved.

 


商用、私用に関わらず、サイト上の全ての写真やテキストにおける無断での転用は固くお断りいたします。

Regardless of commercial or private use, we will refuse diversion without permission in all photos and texts on the site.