白川沿いの「駒井家住宅」意匠のあれこれ。

京都市左京区は北白川と呼ばれる閑静な住宅街。桜並木の白川疎水沿いにあるのがこちら「駒井家住宅」。京都帝国大学理学部教授で遺伝学者の駒井家卓博士と静江夫人が過ごした邸宅です。1927年(昭和2年)、ヴォーリズ建築事務所により設計されました。京都市指定有形文化財指定で、現在は財団法人日本ナショナルトラストに寄贈されており、一般に公開されています。米国人建築家で日本に数多くの建築物を造ったウィリアム・メレル・ヴォーリズと夫妻のこだわりが随所に詰まった洋館を、館内におられるヴォランティアの方より、細かにご案内頂きました。