夏の終わりを確かめに。

毎年の8月27日、大日盆の日に行われる「修学院題目踊・紅葉音頭」。
修学院離宮側の鷺森神社・御旅所の広場にて、櫓が立てられた周りを、浴衣に姉さんかぶりをした保存会の女性たちが踊ります。
江戸時代の大凶作の死者を弔ったのが始まりとされ、「南無妙法蓮華経」の節回しと太鼓で踊る題目踊り。加えて周辺の紅葉名所にちなみ、豊作を祈る紅葉音頭は修学院離宮を中心とした事から別名「御所音頭」とも言われています。
京都市指定登録文化財・無形民俗文化財に指定されているこの踊り。小さな子供や小学生らもたくさん踊りの輪に加わっていて、地域のお年寄りから受け継がれ、これからも大切に伝統が守られるのだろうな・・・と思うとなんとも嬉しい光景。
なんだか、いつの時代かふとわからなくなるような、不思議で、愛おしい夏の終わりを感じる事が出来ました。