六月の終わりを室礼に。

ここのところ立て続けに、大切な、大切な、

かたちあるもの、カタチは成していないもの、いくつかを失った。

失えてしまうと、では何を得ただろうとつい焦って振り返ってみたら、

用途ある物質しか思い浮かばない愚かな自分に気づく。

一方で、

命あるものに巣喰って形を成し、取り除くことは極めて困難な病と、

その様々なカタチにもいくつか出逢った。

まだ、時間だけはきっとある。

けれどそれらはあまりに欺瞞だから、

希望に転換する力の存在をつい、見失いそうになる。

 

先週の初め、お隣の大阪を震源とする地震があった。

翌日からの京都は平常運転で、

スーパーのカップラーメンの棚が空っぽになった位の日常との違い。

震源地近くのマンション上階に住む叔母は、電話の向こうで最初、とても弱々しい声だった。

戦前生まれ。典型的な薩摩おごじょの叔母は、挑戦と努力、不屈の人で、

その、男のような決断力と見切りの良さ、正義感、無限の可能性と才覚を持ちながら、

それらをグッと腹の中で包んで、

家族のため、周囲のため、出過ぎず声を荒げず生きた人である。

そんな強さを持つ人だから、小さい頃から親の取次前の電話口で、たった二言三言、

定型の励ましや戒めを言われても、はいっと背筋が伸びる。

時が流れて今の今まで、周囲、あるいは私という人間を信じ、誇りとしてくれた人。

「今は来てくれるな」。家財全てが散乱した家の中で、それでも叔母は言う。

「もう少ししたら、叔母さんも復活するから。そしたらまた会いましょう」。

 

6月が終わろうとしている。

グズグズとした気持ちでいさせてもらえた事に先ずは感謝して、

庭の紫陽花を切り落とすことから始めてみよう。

明日のことはわからないけれど、未来にきっと、花を咲かせるために。