東山が誇る名物食堂「篠田屋」

 

「写真はあくまでもイメージです」。

〜只今京都東山エリアのロケイメージ撮影中!

 

 納期が迫るイメージ写真を撮るのに、歩き&自転車で東山区を回ってます。

 人混みを避けて避けて、路地に入り込んでますが、いやあ。。。想像以上のゲストハウスだらけ。低層超高級マンションも絶賛新築中。東山区。。。そのうち仮住まいゲストだらけになってしまいそう(焦)。

 と、こないだ友達がSNSで三条京阪すぐの篠田屋の写真なんかアップするもんだから、頭の中はもう「皿盛」一色になってしまって、伝染や。昼ご飯に久しぶりに食べたよ。笑

 大好きだった木製のスイングドアは残念ながらアルミサッシのドアになっちゃたけど、密閉性が増したんかな。店内の昭和感(食堂の生まれは明治だそう。おトイレ借りる時厨房奥に通されるけど、おくどさん現役!)は完全に、封じ込められていてホッとした。今日は平日だからか行列はなくて通常運転のゆるさだった。これもホッ。

 

※篠田屋の皿盛とはーご飯の上にぺらぺらのトンカツ。あんかけ出汁カレー風味がどろっとかけられたものにて650円。タバコを1本吸い終える前に出てくるスピードの、東山エリアが誇るファストフードです(あくまで個人的見解)。