東本願寺前の銀杏の広場

 

 夕暮れ前に本日の仕事終了。

 帰りにこの近く、烏丸通の1本東側、東洞院通にお気に入りの豆腐屋さんがあるので、立ち寄り、寄り道。

 私の小学校低学年頃に廃止された市電が、この辺りも走ってたんですよね。市電のある光景の古い写真を眺めると、今、銀杏は当時より太っています。私の中での市電の思い出はごく僅かですが、それでも小さい子供だったらみんな、電車が大好きだから、私ももれなく好きでした。最後の市電の日も、両親と一緒に乗りましたよ。

 明治三大事業の一環で、日本で最初の路面電車が走った京都。この烏丸通を真っ直ぐ市電が走る事に異議を唱えた東本願寺は、お寺前を何事ぞと、銀杏広場を挟んで大きく遠回りして電車を走らせたんだそうです。背景に東本願寺、そして銀杏並木、そして市電と、絶好の撮影ポイントだったそう。今はその痕跡だけが、地形上に残っています。

 

 今日はその落ち葉の絨毯で、外国人観光客のカップルの皆さんが、レンタル着物で佇み、落ち葉を巻き上げる瞬間ラブラブ写真を撮っておられました。

 色々流行るもんですね。。。