酒とチョコの日々

 

酒とセットの説教おじさんの話を浴びながら、

辟易なんだけどその人がいるから良いウィスキーが呑めて、

おじさんのボトルを空にするしか反抗するすべ無く。

 

ただでさえ薄暗いバーで、

しこたま呑むから視界もいっそう暗くなって、

何が何やらもはや手探りでナッツ、あられ、ナッツ、ナッツ、

塩気9割8分のおつまみから、

目隠しチョコに行き当たって口の中で初めてあの甘みを感じると、

朦朧たるその時間、一番の幸福に出会えた心地になる。

 

チョコレートが一番美味しいシチュエーションを思い出してみた。

雛あられも同じ原理かな。いや違うか。

 

 

 

粉成分に砕いたお麩を用いたガトーショコラには、グレンリベット18年を染み込ませた。

 

粉成分に砕いたバケットを用いたチョコテリーヌには、シングルトン18年を染み込ませた。

 

なんだかんだ、年に一度の恒例行事ともなると、苦く甘い思い出もあったりなかったり。そして18年より前に遡れば、今なら話せることもあったりなかったり。

 

苦いものも、寝かせれば甘いものになる。。。かな。

ハッピーバレンタイン。