鹿児島。海辺に揺れるランタンみたいなBar。

 

 飛んで出張、鹿児島。

 

 1日目の撮影終了後、市内一大繁華街・天文館にて夜の食事の後、酔い覚ましに少々歩いて、クライアントさんにお連れいただいたのは桜島フェリー乗り場などに近い「B.B.13 BAR」。

 大正5年生まれ、元銀行だった石造りの建屋。その2階を上がって扉を開けると、わあ。。。と思わずため息が出るバー。40年前にオープンされた頃は目の前は港だったそうで、海と、鹿児島でよくみられるあの独特の石壁の倉庫群が広がっていたんだと言う。

 今やあたりはすっかり埋め立てられて海はやや遠くなったものの、素敵な窓辺の光景だったろうな、と容易に想像が繋がる、時を封じ込めたような空間。

 薄暗い空間に浮かび上がる白いジャケット姿のバーテンダーの立ち振る舞いも美しいオーセンティックバーでありながら、室内はゆったりと広くて四隅、中二階、カウンターと好みの場所が見つけられる気さくさ、親しみやすさもあって、生まれたわけでも住んだわけでも無いながら、鹿児島と京都のハーフ、鹿児島にはひときわ思い入れと誇りがある私としては、また心から自慢の出来る場所を教えて頂いた!

 この度も素敵な出会いと貴重な体験の数々に、深く感謝。

 もう1日の仕事も終わって、気の抜けた(そしてそこそこ酔うている)アングル甘々の写真になってしまって誠に残念。ともあれ、二次元ではお伝え出来ないとても魅力あるバーです。

 鹿児島へ出張に行かれた際、レトロビル&お酒がセットに魅力を感じる方には、是非ともオススメしたいお店。

 おなじみの洋酒やカクテルは勿論ですが、鹿児島ならではの銘酒、クラフトスピリッツもしっかり揃ってますよ。