どこかが良ければだれかは駄目で。

 連日の晴天は、やはり似合わない紫陽花。

今年はこれまでに無く、庭の紫陽花がよく咲いている。
何度も枯らしかけた額紫陽花二色。

気に入って買ったのは25歳くらいの頃。

数回の鉢替えの後、去年ようやく地植えして、

とても伸び伸びとしている。
それにしても今年は紫陽花に限らず庭の花々はいずれも好調だ。

元々からあった椿はこれでもかというほど花を咲かせた。

テッセンもジャーマンアイリスもアマリリスも、

思い出したようにわっと咲いた。

今はアガパンサスがたくさん莟を空に伸ばしている。

去年勧修寺からもらった半夏生もしっかり根付いた。
「花が咲くのは老化の証」と昔、親が言ってたのを思い出す。

死ぬのが恐いんや。と。

あんまり驚かせないで欲しいな。

6月というのに真夏のような日射し。つかの間の逃避。

部屋から窓ごしに季節の花々を眺める。湿気も無く日陰は涼しい。

窓向こうではせわしなくアゲハチョウが飛んでは留まり、

柚子やレモン、山椒の葉に卵を産みつけてゆく。

やがて葉を喰い散らかして丸々肥えた幼虫を、アシナガバチがやってきては団子にして、巣へと運んでゆく。
SNSでは誰かは新たな日々を迎えて楽しそうで、その向こうの誰かは口を閉じたまま、

悲しみのどん底、振り切っても拭えない孤独の最中にあるだろう。


そっとノートPCを閉める。仕事に出かけよう。