東福寺は今、紅葉の絨毯。

 

 もう12月。

 走り去る車の風に巻かれる落ち葉の様が、まるで異国のどこか、行き交う車に追いすがる物売りの子供達の光景にも映ります。

 年賀状のネタ写真を悠長に考えていると、あっと言う間に時間の猶予が無い事に焦り出します。そしてポツポツと届く喪中ハガキをお届けくださった方々へ、この1年気づく事も無かったと、心の中で詫びてお祈りしたりして。

 そしてこの時期になると、しばらくぶりの友から、返事に一苦労する、不安げな短文メールが届いたりするんです。

 

 要するに。もう年末、冬の始まり、なんですよね。
 やらなきゃいけないことの順番が全然守れないですが、これはこれで、気になっていたひとつの要素。
 先月まではとてもじゃ無いけど人が多くて近づけなかった、すぐ近所、東福寺の紅葉終わり。

 朝から歩くとさらに人もまばら。苔の緑、落ち葉の赤、差し込む光に目をやって、一から始められそうな気がしてきました。

 

 まずは2019年の秋。

 さようなら。