桃栗三年柿八年

 

邪気を祓い、不老長寿を与える仙木・仙果である桃。

借りてるガレージの側で、見事に咲く桃を毎年楽しみに観てたら、

大家さんが「実から芽が出たし」と言って下さったのが三年前。

時々、「元気してますか」と尋ねられて、

これは絶対枯らしちゃいかん、いつか見事に花が咲くはずとお世話。

あれから今日。初めて、たった一つだけ花が咲いた!

桃栗三年柿八年って、親が言うてたんはほんまやったんやな。。。

 

「果樹を植えたら、その実がなるまでに相応の歳月を待たねばならないことから、

何事も成就するまでにそれ相応の年月がかかるということ。」を指す故事。

逆に言えば、

諦めずにそれなりの時間をかけて努力すれば

必ず実を結ぶって事なんだって、

花はそう、教えてくれる。