馴染みの桜

 

朝イチからの仕事が昼で終わって、

京都の北の方へ買い物に上がるのに、

ふと気づいたら、

通ってた高校の正門の桜、通ってた中学の正門の桜、

子供の頃は近所だった哲学の道の桜。。。と、

わざわざ通らず済む道順を、無意識に車を走らせていた。

と、言うことでいっそ、

一番好きな岡崎の疎水沿いも寄ってみた頃には、夕暮れ西日。

自粛ムードに襲われて禁欲的になると、

最も思いのある場所に、自然に向かうんやなと思った。

いずれの桜もまだ、

何十年経っても変わらず迎えてくれるありがたさよ。