鹿カレー。

 

「鹿肉カレー」

 

結局行き着く所、何を作っても「カレー欲しい」と言われるのにはちょっとガッカリ(笑)するのですが、お客人らの中で最も好評なのが、カレー。

「いつも約20日煮込みます」と言うと相当引かれますが、ただ毎日火をつけて、グラッとすれば火を消す、という行為を20回やっているだけです。と、言ってもやっぱり引かれます。

最近は、縁あってちょくちょく頂く、京都北部在住の猟師のおじいさんがしとめた鹿肉を煮込みに使っています。鹿肉は肉味にパンチがあって、煮込み日数が多いカレーには、煮崩れにも耐用してくれるので、実に適していると思います。ベースのスパイスは変更無しですが、今回のカレーはデミグラス、そして洋酒をたっぷり、フルーツもたっぷり、どちらかと言うと欧風カレーっぽく仕上げました。常々冷凍庫でストックしていますが、すっかり空っぽになったので、また、仕込まないと・・・。