平成最後の秋。ありがとう。


今年も幾度と風水害や地震等、自然災害に見舞われた1年でした。

西日本でも尊い命が奪われるほどの大きな災害が各地であり、

身近な関西でも自然の脅威に晒され、

あちらも痛み、こちらも痛み、

傷はまだまだ癒されてはいません。

 

「今年は台風もあったし異常気象だったし、紅葉があまり綺麗じゃないね」。

訪れる先々の名所にてそんな声をよく耳にします。

台風でなぎ倒された木々も多く、時にライフラインを切断され、

交通インフラを遮断され、

住まう多くの人々の日常を困窮させました。

何十年、何百年と樹齢を誇った木々。

倒され、へし折られ、ぽっかり空を広げました。

 

それでもやっぱりまたこの季節には、

残った木々、枝、葉っぱでめいっぱい、

私たちを癒し、楽しませてくれます。

そんな姿と過ぎ去った昨日、数日前、数ヶ月前の事を振り返り、

「ありがとう」の言葉を思い出したいです。

 

頑張って生きている姿に、

今年は出来るだけ無理矢理でも自分の時間の許す限り、

写真に残したいと思いました。

また冬の間はよく養生して、

来年の春、

太陽に向かってみなさん無事に芽吹きますように。

 

「さようなら、ありがとう」

「こんにちは、ありがとう」

 


東福寺(京都市東山区)


渉成園(京都市下京区)


三井寺(滋賀県大津市)


石山寺(滋賀県大津市)


追伸ー2015年初春、突然の病で他界された和菓子メーカー叶匠壽庵の会長・芝田清邦さんが最晩年にふいと作られたグラフィック絵本「アリガトウ」。野山、小さな虫たちにもアリガトウが淡々と。時折我に返れらせていただける名著です。